Zwischen den Jahreszeiten

Original Audio (German)


English translation

Between the seasons

Spring is coming, soon

I sit in a taxi and turn the corner of the narrow street that has been broken up by nature and patched up by people a hundred times.
In the corner of my eye I see our washing hanging on the balcony. Not quite dry yet. I won’t be back.

I say „see you soon“ and leave half eaten seasons behind.
Move back into a paused life.
I push my old desk in front of the window so I can watch the rain stay.

I leave my suitcase open. A reminder that I won’t be staying here for long.
Day after day, I unpack and pack pieces of myself. Puzzle old, middle-aged and new memories into the hard-shell suitcase like Tetris blocks.

My new old life. 23 kg 81 x 51 cm.
I’ll probably miss summer this year…

I like the idea of our washing soaking in the same drum.
I like the idea of you carrying our smelly T-shirts and pants and soggy towels to the little corner shop.
I like the idea that we get everything back clean and dry. And that everything smells the same.

We play hide and seek among lavender bushes and wild sage.

Neatly folded. Residual heat from the tumble dryer.
Your shorts, my left sock, your shirt, my knickers, your right sock, my blue dress with the missing button.

We dance in the rain gaps, inbetween electricity islands through the little town whose name my tongue can’t yet wrap itself around.

You plant your first I love you under the fig tree and I plant mine with the Forest Lillys.

We play hide and seek between bushes and trees and in the lives of others…

I sleep on couches and futons. Fitting myself into the cluttered lives of others.
All the cupboards, all the drawers are full of things. Memories, collections, gifts. None of it belongs to me.
I fit in, find gaps, shift the foreign by a few centimetres and lay myself down like this, a thin layer of human in between.
I am careful to remember exactly where everything was before I move on. Not a day goes by that I don’t look for the imprint of the chest of drawers in the Tatmai.
As long as the imprint is still there, I’m not home yet and the goal is to move on before…

On the way to the airport, I look out of the train window: Half-blossomed Ajisai on the mountains like dying rash.

You’ve lost your camera

Between time zones

Between us

Between the seasons

Japanese translation

季節の狭間


もうすぐ春が来る

私はタクシーに乗り、自然によって壊され、人々によって何百回も補修された狭い通りの角を曲がる。
視線の先には、バルコニーに干された洗濯物がある。まだ乾いていない。私は戻らない。

またね」と言って、半分食べかけの季節を後にする。
一時停止した生活に戻る。
古い机を窓の前に置いて、雨が降り続くのを眺める。

スーツケースは開けっ放しにしておく。 ここに長くはいられないということを思い出させる。
来る日も来る日も、私は荷解きと荷造りを繰り返す。ハードシェルのスーツケースに、古い思い出、中年の思い出、新しい思い出をテトリスのブロックのように詰め込んでいく。

私の新しい古い人生。23 kg 81 x 51 cm。
今年は夏が恋しいかも…

私たちの洗濯物が同じドラムに浸かっているというアイデアが好きだ。
私たちの臭いTシャツやズボンとヨレヨレのタオルを、あなたが小さな角の店まで運んでくれるのもいい。
全部きれいに乾いて戻ってくるのがいい。そしてすべてが同じ香りを放つ。

私たちはラベンダーの茂みや野生のセージの中でかくれんぼをする。

きちんと畳んで。タンブル乾燥機の余熱。
あなたのショーツ、私の左の靴下、あなたのシャツ、私のニッカーズ、あなたの右の靴下、ボタンの取れた私の青いドレス。

私たちは雨の隙間、電気島の間、私の舌がまだその名前を理解できない小さな町で踊る。

あなたはイチジクの木の下に最初の「愛してる」を植え、私は森のリリーに私の「愛してる」を植える。

私たちは茂みや木々の間、そして他人の生活の中でかくれんぼをする…

私はソファや布団で眠る。私はソファや布団で眠る。
戸棚も引き出しもすべて物でいっぱいだ。思い出、コレクション、贈り物。どれも私のものではない。
隙間を見つけては、数センチずらして、このように自分を横たえる。
次に進む前に、すべてのものがどこにあったかを正確に覚えておくように気をつけている。タツマイのタンスの痕跡を探さない日はない。
その痕跡がある限り、私はまだ家にいない…

空港に向かう途中、車窓から外を眺める: 山には、枯れかけたあせものように、半分咲いたあじさい。

カメラを失くした

時差の間

私たちの間

季節の狭間